ワキガを解消するために

ワキガは、わきの下から排出される汗に雑菌が繁殖することによって起きるものです。そのため、ワキガを解消するためには、この部分で雑菌が繁殖することを防ぎ、血行を良くして老廃物がたまりにくくしていくことが大切です。ワキガは基本的に遺伝的な体質によって引き起こされるものですが、自宅などで毎日ケアを心がければかなりの割合で発生をおさえることができます。
ワキガを防ぐためのケアとして最も簡単なのが、お風呂での工夫です。お風呂のときにつかる湯船の中に、醸造酢をコップ1~2杯程度の酢を加えて入るようにしましょう。醸造酢以外にも黒酢を使ってもよく、その場合はおちょこ1杯程度でも効果を得ることができます。
酢がなぜワキガを防いでくれるかというと、酢の主成分であるクエン酸には強力な殺菌作用があり、皮膚表面を酸性に保ってくれる働きがあるからです。そのため、お風呂にいれて肌を浸すことで、長い時間肌表面で臭いのもととなる雑菌の繁殖をおさえることができるのです。
また、クエン酸の一部は汗腺から吸収されるという働きもあり、入浴をすると体全体の血行が促進されます。その相乗効果で強烈なアンモニア臭もおさえることができるようになります。お酢を風呂に入れる場合は、できれば長く体を浸しておくようにしましょう。そのとき、ぬるめのお湯にして、体がふやけるのを防ぐための塩を大さじ1~2杯程度入れておくと効果的です。お酢風呂は約1週間程度で消臭効果を実感できるようになります。